総合型クラブななっち 団体概要

総合型クラブななっちとは

総合型クラブななっちは、現在、スポーツ庁、日本スポーツ協会の推進事業である総合型地域スポーツクラブです。また、事業の一部にスポーツ振興くじ助成事業(独立行政法人日本スポーツ振興センター)から配分された助成金と、受益者負担の観点から会員年会費を頂き運営しております。
スポーツ活動を柱として、町づくり、ひとづくり、仲間づくりを合言葉に様々なコミュニティ活動の展開を目指しております。

設立趣意

  • このスポーツ楽しそう・こんなスポーツがしてみたい。
  • もっとこの競技をうまくなりたい。
  • スポーツは苦手だけど、挑戦してみたい。
  • 健康のため・ダイエットのため体をうごかしたい。
  • スポーツを通じてたくさん仲間をつくりたい。
  • スポーツは苦手だけど、スポーツで頑張っている人を応援したい。

老若男女問わず、スポーツをする・スポーツをしたい意向は色々あると思います。地域の皆さんが、年齢・体力および技術に応じて、「いつでも、どこでも、だれでも、いつまでも」スポーツに楽しむことができる環境をつくり、生涯スポーツ社会の推進の一役を担う事ができればと考えています。
また、総合型地域スポーツクラブは、地域の皆さんが主役となり、地域の皆さんとクラブとが共に育み、発展させていくことができる地域に根付いたスポーツクラブです。地域住民の皆さんと一緒に健康的で楽しいクラブを作っていきたいと思っています。
総合型クラブななっちは、スポーツを通じて、健康の増進・世代間交流の推進・仲間との親睦を深めることで、地域のコミュニティの活性化に貢献できるクラブを目指します。

活動目的

  • 子どもから高齢者まで(多世代)
  • 興味関心のあるさまざまなスポーツを(多種目)
  • 初心者から上級者までレベルに合わせて(多志向)

「ななっち」の由来

南部町(なんぶちょう)は、 平成18年1月1日に旧南部町(なんぶまち)と名川町(ながわまち)、福地村(ふくちむら)が新設合併し南部町(なんぶちょう)となりました。
「ななっち」は合併前の町村名から一文字をとって命名されました。

  • 名川町(ながわまち)の「な」
  • 南部町(なんぶまち)の「な」
  • 福地村(ふくちむら)の「ち」

総合型クラブななっちのキャラクター「ななっち」

画像:総合型クラブななっちキャラクター総合型クラブななっちキャラクターをご紹介します。

  • 名前:ななっちウサギ
  • 特技:スポーツ
  • 好きな色:オレンジ

総合型地域スポーツクラブとは

総合型地域スポーツクラブは、文部科学省が全国各市町村に推進している事業です。
地域住民による自主的・主体的に運営されています。

活動種目のご紹介(一部)

〇コーディネーショントレーニング
〇キッズバスケットボール
〇タグラグビー
〇スポンジテニス
〇野球(屋内にて冬期間のみ)
〇わくわくフライデー(ニュースポーツ)
〇総合運動部(南部町立名川南小学校)
〇ななっちふくちジュニアアイスホッケークラブ
〇リズム&ダンス
〇ルーシーダットン
〇スポーツ科学測定(年2~3回)
ななっちタグラグビー
ななっちアイスホッケー

青森県内スポーツクラブ一覧 (青森県庁 / 平成25年5月1日)

クラブハウス(事務局)情報

名称 一般社団法人総合型クラブななっち
住所 〒039-0105
青森県三戸郡南部町大字沖田面字沖中80 南部町民体育館内
電話番号 0179-23-0860
E-mail power2013v.nanbu@gmail.com
営業時間 平日午後1時〜7時
お休み 土日祝日および毎月第2、4火曜日は休み

組織

役員 代表理事 出町 明美 (クラブマネジャー兼務) 理  事 田口 敦子 (町スポーツ推進委員・民生委員) 理  事 佐藤  敏 (南部町立名川中学校PTA後援会協力員)
スタッフ 出町  幸 (町スポーツ推進委員) 松本 弥生 (サブクラブマネジャー) 若本 寿望 (会員保護者) 中山 勝哉 (ダンス指導者) 木村 裕・藤井秀明・佐藤 進・坂本典男・久保利樹・松本啓吾・塩野優・山田賢司・木村律行・舘野理香・吉田和馬・宮木伯昌・和田知之
監事 小橋 春江 (ママさんバレー南部クラブ監督・民生委員)

※任期:2018年4月1日~2020年3月31日

会員規約

総合型クラブななっちの規約については下記をご覧ください。

総合型クラブななっち規約 (PDF/106KB)

運営委員会議事録

総会資料

PAGE TOP